美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

勉強中

Beth / study (from Flickr, CC BY 2.0)

“美容師”と言えば、華やかな世界で活躍しているイメージが強いですよね。その世界に憧れて「誰かをキレイにしてあげたい!」という思いから、美容師を目指す人も多いはず。しかし、パーマ、スタイリングやカラーリングなど髪型に関係するサービスだけじゃなく、メイクアップ、ネイルケア、着付けなど覚えることはたくさん。

 

それらを学ぶためには、やはり美容学校に通うことが大切になってきます。だけど、「昼間や夜間、通信など種類がありすぎてどれを選べばいいか分からない…」と迷っちゃいますよね。そんな人のために今回は美容学校に必要な入学条件と、美容学校の種類を紹介していきます。

最初のステップ! まずは入学条件を確認しましょう

「よしっ!美容学校通うぞ~!」と意気込んでも、条件を満たしていなければ入学もできません。もちろんやる気も大事ですが、しっかり受験資格を確認してから、美容師になるための一歩を踏み出しましょう。

 

専門学校へ入学するためには、基本的に高等学校卒業が必須になっています。しかし、学校によっては通信過程が設けられていたり、高等専修課程を設けているところもあるので、中学校卒業でも入学が可能な場合もあります。高等専修課程の美容学校では、美容師養成としての教科のほかに、高校生が勉強する教科も学ぶことになります。学校によって入学条件も異なるので、しっかり確認していきましょう。

 

また中学校しか卒業していなくても、「高等学校卒業程度認定試験」という高校卒業程度の学力を認定する国の認定試験で合格すれば、高校卒業者と同じように一般の美容学校に入学することができます。しかし、認定試験に合格するためには、高校卒業程度の知識と学力が必要なので、独学だと難しいかもしれません。

  黒板

Clayton Shonkwiler / Studying... (from Flickr, CC BY 2.0)

自分のスタイルに合わせたコース選択を

入学条件について確認したら、次はどのコースに通うかを考えていきましょう。まずは昼間・夜間・通信の3つに分けて紹介していきましょう。

昼間学校

昼間学校は2年間の通学の間に、学科と実習合わせて2000時間以上の授業を受けることで、卒業資格が得られます。短期間で覚えることはたくさんありますが、週5日の授業の大半を国家試験対策に費やし、専門講師による指導のもと十分な技術と知識が得られえるので、試験対策はバッチリです。また多くの人が昼間で通っているので、仲間と切磋琢磨し合える環境があるのも強みです。

夜間学校

昼間学校と同じで2年間通って、国家試験を受けていくタイプになります。授業内容も昼間とあまり変わりませんが、夕方からの授業なので、昼間に比べると授業数が少ないところもあり、2年4ヶ月あるいは2年6ヶ月かけて修学する学校もあります。しかし、その分授業料も昼間に比べて安くなっているので、仕事をしながら通っている人や、他の学校とのダブルスクールをしている人、学費を安くしたいという人に人気です。

通信制

上記の2つとは異なり、通信課程は3年制で授業数は300時間と少なくめ。通信制を利用している学生には日中美容室で働いている人も多く、空いている時間で勉強を進めていかなければいけないので中々大変。(実務経験が無い場合は、授業数の最低ラインは600時間になります)しかし、コストも安く、実際に昼間は現場で働きながら勉強できるので、技術レベルは圧倒的に昼間と差がつくようです。

  学校の門

Monika / School gate (from Flickr, CC BY 2.0)

美容学校で学べること

昼間学校や夜間学校は、必修科目1400時間を履修することが条件になってきます。1400時間と聞くと「一体何を学ぶのだろう」と疑問に思う人もいるでしょう。どうしてもカットなどの実践のイメージが強いですが、座学だってもちろんあるのです。

学科授業

学科授業とは簡単に言うと「美容師になるために必要な知識」を身につける修行になります。例えば「関係法規」といった授業では、美容師として守らなくてはいけない法律や基準について学び、お店を経営していくために必要な「運営管理」を学ぶこともあります。また、美容に関する技術、器具の扱い方、操作方法や、美容の歴史についても学んでいきます。座学といっても実践に役立つことばかりで、国家試験にも直結するので、しっかり覚えていきましょう。

実務授業

こちらは、皆さんがイメージする美容師の授業に近いかもしれません。「カッティング」から、「ワインディング」というパーマネントウェーブを施術して容姿を美しく見せる技術を学んだり、ローラーカールやウェーブローションという器具を使って、バランスのいいヘアースタイルを作る「セッティング」などを学んでいきます。

 

“美容学校”と一口に言っても、ここで紹介したのはその一部。自分に合った学校選びのポイントはまだまだあります。同じ種類でも学校によって特色が違ってくるので、学校選びの際はしっかりと下調べしておきましょう。自分に合ったスタイルを選んで、素敵な学生生活を過ごしてくださいね。

美容専門学校の平均学費は?

美容系専門学校の学費は、全体と比較して決して安いとは言えません。2年制の学校では、200万~270万円が平均的な学費の目安となります。

そのうち、初年度納付金は140万~150万円となります。美容系専門学校の場合、国家試験のカリキュラムが組まれているので、どうしても実習が多くなるためです。

学費に地域差はあるの?

学費は学校によって異なり、高い学校もあれば安い学校もあります。2年間の学費が170万円ほどの美容学校もあれば、2年間の学費が300万円近くになる学校もあります。

地域差でいえば、地方の専門学校は、シンプルに美容師養成に主眼を置いたカリキュラムが多い傾向にあります。そのため、学費が比較的安い傾向にあります。

このように、選ぶ美容専門学校によってそれぞれ学費に幅があるため、事前の情報収集がとても重要になるといえるでしょう。

学費の内訳は?

入学金

入学時に納付します。正確には入学試験に合格して、一定期間内に納めます。金額は10万円から20万円程度に設定している美容専門学校が多いようです。

授業料

以前は月ごとに支払っていたため、多くの学校では月単位の金額で表示されています。そのため、途中で退学することになった場合には、月単位で授業料を清算してくれるところも多いようです。月3万円~4万円ぐらいに設定している美容専門学校が多く、年額に換算すると36万円~48万円程度になります。

実習費

月額で算出している学校もあれば、年間で決めている学校もあります。月額ですと1万円~2万円程度。年額12万円~24万円といった金額です。実習費を授業料に含んでいる学校があったりするので、注意深く募集要項を読みましょう。授業料が月額4万5千円で高いと思ったら実習費も含んでの金額だったということはあります。

施設費

施設拡充費などの名目で徴収している美容学校もありますが、入学時に一回だけ徴収する学校もあれば、年次ごとに徴収する学校もあります。金額は卒業までに12万円程度~30万円程度までと幅があります。

教材費

美容学校は実習が多く、その実習を行うための教材にかかる費用は決して小さくありません。鋏、ロッド、ウイッグ、コーム、バック、白衣などのほか、特殊な器具器材を使うので、どうしても高額になります。さらにパーマ液やヘアカラー液などの用剤、テキストもこの費用の中に含まれます。金額的には2年間で40万円~60万円は掛かります。

教材費については、学費とは別に記載している学校案内も多く、見落としがちです。また、学校間の差もありますので、ここは詳細に確認しておくようにしましょう。

費用の合計

美容専門学校のうち、昼間のコースを選んだ場合の2年間の費用の合計は、およそ200万円?270万円程度になります。夜間のコースを選んだ場合は、昼間のコースよりも100万円程度安くなります。また、遠方のため通学する時間が取れない場合は、通信課程という選択肢もあります。この場合、学費はさらに割安になるのが一般的です。美容専門学校に掛かる費用は、他の専門学校に比べて安いとはいえませんが、夜間コース、通信課程なども視野に入れて、夢を実現させるベストな道を探してみてください。

人気の美容専門学校

ここでは、人気の美容専門学校をエリア別にご紹介します。自分に合ったスタイルを選んで、素敵な学生生活を過ごしてくださいね。

東京エリア

山野美容専門学校

 

<PR文>

美容師、ヘアメイクアップアーティスト、ネイリストなど美容業界の第一線で活躍しているクリエイターを数多く輩出。21万人という卒業生の数と歴史が、就職に関するネットワークの数にもなっています。

また、美容全般の基礎を学んだ後に、「身につけたい技術」の授業を複数選択していく【専門課程(昼間)】と現役の美容師やヘアメイクアップアーティストが指導する【高等課程(夜間)】、美容師免許取得を一直線に目指す【通信課程】があり、自分に合ったコースが選べます。

<コース>

◆専門課程

合計:2,856,600円~2,975,900円

◆高等課程

合計:2,336,000円

◆通信課程

合計:540,000円

  ⇒山野美容専門学校のHPはこちら

早稲田美容専門学校

 

<PR文>

早稲田美容専門学校では、美容師免許取得はもとより、国内外の美容業界で活躍出来る優れたクリエイターを育てるために、決め細やかな指導を行っています。 サロンでの即戦力となるための知識や技術、一流のアーティストとしての柔軟な感性や人間性までを兼ね備えた人材育成を目指します。

<コース>

◆美容科

合計:2,860,500円

◆トータルビューティー科

合計:2,535,000円

◆通信科 美容コース(従事者)

合計:540,000円

◆通信科 美容コース(非従事者)

合計:1,020,000円

  ⇒早稲田美容専門学校のHPはこちら

資生堂美容技術専門学校

 

<PR文>

1872年、日本初の洋風調剤薬局として銀座に創業した資生堂。144年の歴史の中で商品やサービスだけでなく、文化や生き方まで見つめ、常に新しい価値を創造し続けてきました。 美容界を牽引する企業としてその名を刻み、数多くの人材やヒット商品を世に輩出。1959年に当校の前身となる「資生堂美容学校」を新宿に開校。 以来57年の間にのべ14,000人を超える卒業生たちが、国内のみならず、海外においても活躍しています。

<コース>

◆美容師科

合計:2,765,000円

◆ビューティーコンサルタント科

合計:2,765,000円

  ⇒資生堂美容専門学校のHPはこちら

神奈川エリア

関東美容専門学校

 

◆昼間課程

合計:2,626,000円

◆通信課程

合計:780,000円

関東美容専門学校では、国家資格の美容師免許取得のための必修授業のほか、2年次からのコース選択で幅広い授業を取り入れて自分の持っている可能性を最大限に引き出せるカリキュラムを用意。色彩検定やネイリスト技能検定の資格取得を目指し、課外授業では介護職員初任者研修の受講ができます。 少人数制ならではのきめ細かい技術指導で美容の幅広い分野やで活躍できる人材育成を行っています。

  ⇒関東美容専門学校のHPはこちら

国際総合ビューティーカレッジ

 

<PR文>

当カレッジでは新しい教育方法のコア・カリキュラムによる指導法をおこなっています。 これは近頃医療や介護など、実習と知識をともなう教育で使われている教育手法。 美容やファッションの場合、ヘアーメイク技術やエステティック技術などの裏付けとなるのが安全と衛生です。そのために国家試験や各種認定制度で定められた幅広い学科や関連知識の勉強をしていきます。

<コース>

◆美容科 昼間課程

合計:2,442,000円

◆通信課程

合計:760,000円

◆短期スキルアップコース

  ⇒国際総合ビューティーカレッジのHPはこちら

アイム湘南美容教育専門学校

 

<PR文>

アイムの特長は、5つあります!! ①『ヘア』・『メイク』・『ネイル』・『エステ』・『カラー』などのトータルビューティーが学べます。  (即戦力の技術が学べる!) ②独自の制度が魅力(なんと小田急線の通学費が無料に!)  本校には『小田急線通学定期負担制度』があります。小田急線の全区間の通学定期代を全額負担するのは、アイムだけです。 ③美容実習時間が多い。(より技術の勉強が出来る環境!) ④国家試験合格率が高い。(12年間連続を達成!) ⑤就職率が高い。(年間求人数は、約500社以上!)  県内の美容サロン、ネイルサロンを始め、都内に就職する学生が多いです。

<コース>

◆衛生専門課程 美容科

合計:2,080,000円

◆衛生高等課程 美容科

合計:3,485,000円

◆通信教育課程 美容科

合計:900,000円

  ⇒アイム湘南美容教育専門学校のHPはこちら

千葉エリア

千葉美容専門学校

 

<PR文>

本校では、美容業界において役に立つ人材育成を大きな柱に、三つの教育方針を掲げています。 ①「生徒の望む就職をさせる」 ②「資格取得」 ③「生徒に夢を持たせたい」

<コース>

◆専門課程

合計:1,987,260円~1,987,400円

◆通信課程

合計:690,000円

  ⇒千葉美容専門学校のHPはこちら

東洋理容美容専門学校

 

<PR文>

「美」をトータルに学ぶ! 理容・美容の知識や技術はもちろん、メイクアップ・エステティック・ネイル・着付け・外国語など『多様化する時代のニーズに合わせた「美」』を学ぶ上で必要となる幅広い知識や技術を習得できるカリキュラムを用意! 就職希望者の就職率100%! 毎年、県内各地はもちろん、都内や近県の一流有名理・美容室から多くの求人があります。 しかも本校は創立が昭和28年ということで歴史があり、すでに独立開業をしている先輩OB・OGが多数おり、多くの引き合いがあります。 選択肢は極めて多くその中から優良店舗・企業を厳選して紹介し、100%の就職率を実現しています。 先輩OB・OGとのパイプが太いのも歴史のある東洋ならではの強みです!

<コース>

◆理容科(職業実践専門課程)

合計:2,532,000円

◆美容科(職業実践専門課程)

合計:2,512,000円

◆アドバンスト・コース

合計:2,535,120円

◆理容科(通信過程)

合計:771,120円

◆美容科(通信過程)

合計:771,120円

  ⇒東洋理容美容専門学校のHPはこちら

ユニバーサルビューティーカレッジ

 

<PR文>

本校の教育方針として①もてなす心②表現する技術③先進性を軸にユニバーサルビューティーカレッジではカリキュラム等を組み指導しております。千葉県では珍しくイベントや研修の多い美容学校でもあります。少人数だからこそ出来る、より質のいい授業、きめ細かいサポートを重視し、ユニビでは教育を行っております。

<コース>

◆総合美容科

合計:1,988,400円

◆ビジネスビューティー科

合計:1,276,200円

  ⇒ユニバーサルビューティーカレッジのHPはこちら

埼玉

大宮ビューティーアート専門学校

 

<PR文>

・埼玉県で唯一のコース制!全部で14コースから選択

・2017年完成のピカピカ新校舎!大宮駅から徒歩6分の好立地

・就職決定率100%!埼玉県内、北関東・東京都内での就職多数!

・エステもネイルもメイクも強い!圧倒的資格合格率☆

・サロンワークと現場実習で磨く、即戦力☆

<コース>

◆トータルビューティー科

合計:1,920,000円

◆ブライダルプロデュース科

合計:1,920,000円

  ⇒大宮ビューティーアート専門学校のHPはこちら

ミス・パリ・ビューティ専門学校 大宮校

 

<PR文>

文部科学大臣認定『職業実践専門課程』設置校。

『第33回美容師国家試験』合格率100%(H27年度)。

資格取得率・就職率ともに100%を誇る優良校。エステ、ヘア、メイク、ネイル、アロマなど美のすべてをたっぷり学べます。ミスパリの特徴は、一流の「技術力」・一流の「講師陣」・一流の「資格」・一流の「就職先」・一流の「美の基準」。世界に標準を合わせたハイレベルな技術と美の基準を身につけたプロフェッショナルを目指します。

<コース>

◆トータルビューティ学科

合計:2,520,000円

◆美容学科

合計:2,120,000円

◆スパ・セラピスト学科

合計:1,490,000円

◆認定セラピスト科

合計:270,000~560,000円

◆認定エステティシャン通信教育科

合計:175,000~330,000円

  ⇒ミス・パリ・ビューティ専門学校 大宮校のHPはこちら

愛知

中日美容専門学校

 

<PR文>

◆世界で一番楽しい学校を目指す!10のポイント

・楽しい学校で感性・個性を磨く 楽しく学ぶ

・東京・東海地方で現在活躍中のトップアーティストによるハイレベルな授業による最先端の授業

・毎年、各コンテストに上位入賞

・全国3位(2016,3・2017,3)の美容師国家資格合格者数!

・伝統と実績で7,000人以上(2016実績)の求人数を生み、高い就職率を誇る

・将来の「夢」実現3学科12コース

・充実&満足、全国有数の施設・設備

・安心・安全を第一に寮・アパートを紹介

・明確な学費で保護者も安心!充実した奨学金制度を用意!

・満喫した海外研修&フランス短期留学

<コース>

◆美容科(昼間):1,740,000円

・美容師コース

・ヘアメイクアップアーティストコース

・ブライダルスタイリスト&着付けコース

・プロフェッショナルコース

・国際美容師コース

・ヘアカラーリストコース

・まつエク&ビューティーコース

◆美容科(夜間):1,350,000円

・美容師コース

◆トータルビューティー科:1,740,000円

・エステティシャンコース

・ネイリストコース

・ビューティーアドバイザーコース

・ビューティーコンシェルジュコース

◆通信科:802,000円

  ⇒中日美容専門学校のHPはこちら

名古屋モード学園

 

<PR文>

■ファッション、デザイン、メイク、美容師、スタイリスト、インテリア、グラフィック・・・

10年連続!※希望者就職率100%!『完全就職保証制度』『国家資格 合格保証制度』のバックアップで、安心して学べます。

※2007年度以降の実績

■学生作品が続々と商品化

企業からの依頼により、企画提案~商品化までを手がける『産学直結ケーススタディ』を実施。

■世界の一流から直接学ぶ

アナ・スイ、ポールスミスなど世界的クリエイターを毎年を招き、特別講義を実施。

■入学試験は行いません

好きな気持ちや情熱、意欲は学力試験で調べることができないから。

<コース>

◆メイク・ネイル学科

合計:2,277,000円~2,312,000円

◆ヘア・メイクアーティスト学科

合計:3,438,000円~3,508,000円

◆美容学科

合計:2,277,000円~2,312,000円

◆美容学科 通信コース

合計:490,000円~660,000円

  ⇒名古屋モード学園のHPはこちら

名古屋スクール・オブ・ビジネス

 

<PR文>

◆NSB GREAT VALUE ・NSBは3年連続、全員就職!

・AO2.5年で夢に向かって一直線!

・企業がプロデュースする実習で業界の最先端が学べる!

・就職に強くなる充実の授業がいっぱい♪

<コース>

◆ペットビジネス学科

合計:2,252,000円

◆ファッションビジネス学科

合計:2,252,000円

◆ITビジネス学科

合計:2,252,000円

◆総合ビジネス学科

合計:2,252,000円

◆ビューティービジネス学科

合計:2,252,000円

◆マスコミ広報学科

合計:2,252,000円

◆キャリアサポート学科

合計:2,252,000円

  ⇒名古屋スクール・オブ・ビジネスのHPはこちら

大阪

グラムール美容専門学校

 

<PR文>

62年の歴史があり、「創造力」「人間力」「技術力」を教育の「3つの柱」に“魅力的”な美容師を育成しています。全員が美容師国家資格の取得を目指し、1人1人が「できる」まで徹底指導!

また、個性を伸ばす専科授業を実施。ヘアデザイン・ブライダル・メイク・エステ・ネイルから選択し、プロフェッショナルとして必要な専門技術を学びます。

<コース>

◆美容科 昼間部

合計:2,150,000円

・ヘアデザイン科

・ブライダル科

・メイク科

・エステ科

・ネイル科

  ⇒グラムール美容専門学校のHPはこちら

高津理容美容専門学校

 

<PR文>

高津理容美容専門学校は創立83周年を迎えました。

その歴史の中で育んだ伝統と実績をベースに、独自のカリキュラムを構成し、美容業界のアーティストを輩出し続けています。

長年の信頼と実績が、業界から高い評価を得ている「KOZUブランド」。

受け継がれるブランド・アイデンティティ、「自信」と「誇り」が向上心を高め、次代が求めるアーティストへと成長させます。

<コース>

◆美容科(エッセンシャルクラス)

合計:1,440,000円

◆理容科

合計:1,680,000円

◆美容科就職進学

合計:1,380,000円

◆理容科就職進学

合計:1,380,000円

◆国際エステ・セラピスト専門学科

合計:1,980,000円

◆国際エステティック学科

合計:1,140,000円

  ⇒高津理容美容専門学校のHPはこちら

大阪ベルェベル美容専門学校

 

<PR文>

◆学園コンセプト

本気を生み出し、幸せを広げる。

生徒の本気は極限まで能力を高め、必ずお客様を幸せにする。

本気を生み出す我々の環境作りが、生徒の輝かしいミライと多くの方の幸せに繋がると信じています。

<コース>

◆美容科

合計:1,880,000円

  ⇒大阪ベルェベル美容専門学校のHPはこちら

専門学校で取れる資格

美容専門学校で取れる資格には複数あります。選択する学科や学校によっても違いがあるため、各専門学校での資格取得可能リストを自前に確認することが大切です。

多くの美容専門学校で取得可能な資格には、美容国家資格、ネイリスト技能検定1~3級、メイクアップ技術、認定エステティシャン、着物着付け免許などがあります。その他にもトータルメイクアップ検定やブライダルメイクアップ検定、アロマーテラピー検定や色彩検定があります。

また、高齢化社会により需要が高まってきている福祉美容師になるために、美容国家資格を取得したのち、認定福祉美容介護士の資格を取る人もいるようです。

卒業後の国家資格合格率は?

毎年合格率は高い試験(平成28年度2月の合格率は前年度同様89.1%)であり、受験者数が減少していることを考えると、今後も極端に下がることはないと考えられます。授業で真面目に学び、繰り返し実技を練習しておけば、合格できる難易度といえるでしょう。

国家試験合格後の就職活動について

さて、美容師免許の取得後は、いよいよ就職となりますが、多くはヘアサロンなどで働きながら、美容師としての本格的な技術を覚えていきます。

日々進歩しているカットのテクニックやパーマ・ヘアカラーの薬剤、ヘアスタイルの作り方等の新しい知識や技術を積み重ねて、一人前の美容師を目指していきましょう。美容専門学校でコツコツ学んできたあなたの経験と努力がきっと役立つことでしょう。

美容師になるための情報まとめ

美容師の仕事内容や一日の流れって?

美容師は華やかでかっこいいというイメージがありますが、過酷なスケジュールで働いているのも事実です。そんな美容師の一日のスケジュールをご紹介いたします。

美容師のスタイリストの実態!気になる給料ややりがいって?

サロンの中でたくさんのお客様から指名を受けて笑顔で生き生きと働くスタイリストは、アシスタントたちにとっての憧れの存在。そんなスタイリストになるには、一体どうすれば良いのでしょうか

意外と知らない、美容師のお休み事情

多くのサロンが定休日を月曜休みとしていますが、なぜ美容師は月曜に休みをとるようになったのか、その歴史や原因についてご紹介します。

美容師のお給料が安いってホント!?役職別に給料・年収の実態を知ろう!

今回は美容師の給料・年収について紹介していきます。スタイリストやアシスタントなど、役職別の給料についても紹介していくので、「キャリアアップのモチベーションが出ない…」という人はぜひ読んでみてくださいね。

美容師に向いている人ってどんな人?

美容師に向いている人は、どのような人でしょうか。今回は、美容師に向いている人はどのようなタイプの人かをご紹介いたします。

共感必至! 意外と多い“美容師・美容室あるある”

“美容室あるある”について取り上げていきます。美容室でのやりとりがTwitterで話題になったことや、多くの人が経験した“美容室あるある”をご紹介。「美容室で戸惑うことが多い」という人は要チェックです。

集客や指名を増やすためには、ファッションも重要!? オシャレに気を遣って美容師力をアップさせよう!

美容師を目指している皆さんは、将来的に技術や接客のスキルを上げることはもちろん、オシャレな美容師であることを目指している人も多いと思います。「美」を扱う美容師という職業であれば、自分自身の見た目に気を遣うのは当然のことですよね。

美容師になるには?必要な条件を知ろう!

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

“美容師”と言えば、華やかな世界で活躍しているイメージが強いですよね。その世界に憧れて「誰かをキレイにしてあげたい!」という思いから、美容師を目指す人も多いはず。

美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート!初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

あなたもワンランク上の美容師を目指しませんか?スキルアップの道をご紹介!

美容師にはカットの技術だけでなく、お客様により喜んでいただくためのさまざまなスキルセットが求められます。そこで今回は「今後、美容師としてどうスキルアップしていけばいいの?」と壁にぶつかっている方に、スキルアップしていくための具体的な方法などをご紹介します。

30代からでも遅くない! ブランクから復帰して美容師になる方法とは?

今回はブランクから復帰して美容師になる方法をご紹介。技術や知識を取り戻す方法、ブランクがあっても働きやすいサロンなどを紹介していきます。最近は子育てをしながら職場復帰して美容師として活躍している人も多いようなので是非参考にしてみてください。

美容師の魅力・やりがいって何?

見た目も華やかで、おしゃれなイメージの美容師。美容師にとっての魅力、やりがいとは何でしょうか?今回は「美容師の魅力」についてご紹介します。

美容師の裏側の本音に関して

現役美容師の本音とはどのように思っているのでしょうか。今回は、現役美容師達の仕事の大変さと本音や裏側について紹介します。

美容師になって良かったこと、大変なことって?

憧れの美容師。美容師になるとどのようなことが待ち受けているのでしょうか?今回は「美容師になって良かったこと」「美容師になって大変なこと」などをご紹介します。

美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

美容業界では、様々な理由でクレームが発生します。これまで一度も失敗したことがない、お客様に文句を言われたことがないという美容師はいないのではないでしょうか。ここではサロンでよくあるクレームと、クレームを防ぐための注意点を見ていきましょう!

美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師の仕事時間はお客様の予約状況に左右されることがあるので、確かに忙しい日はランチを取る時間もないほどです。もちろん営業中は座って休むこともできません。また、アシスタント時代はお店の営業前や営業後に技術練習があり、朝早くから終電近くまで

未経験者歓迎の美容師求人一覧

美容師になりたい方の中には「資格を持っていても実際に業務をこなしたことはない」という方がほとんど。しかし、全国の美容師求人は増えており、中でも未経験を積極的に採用するものが多いです

土日休みOKの美容師求人一覧

通常、忙しい美容室では土日祝日が休日にあたることは少ないものの、希望休制度やバースデイ休暇など休暇制度が充実しているところが多いです。

研修制度ありの美容師求人一覧

【研修制度あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

歩合ありの美容師求人一覧

【歩合あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

美容師にとっておすすめの就職時期って?

美容師の就職活動や転職活動をするに当たって気になることの一つが“時期”です。いつ就職するのがサロンにとって嬉しいのか、いつ活動を始めるのが有利なのか、どうせなら有利に仕事を決めたいですよね。

美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

面接で必ず必要になるのが履歴書です。あまり履歴書を書いたことがない方、転職は初めてなんだけど職歴書って何を書いたらいいの?とお困りの方など必見です。ここでは美容師の履歴書の書き方について見ていきましょう。

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の面接対策って?準備する方法を教えます。

美容師になるために、避けて通れないのが面接です。面接ではさまざまな質問を受けることになります。その質問の中には、「どう答えて良いのか分からない」というような難しい質問も含まれるので、前もって準備しておくことが大切です。

美容師の面接で大事な「志望動機」新卒・経験者など立場ごとに例文も紹介!

美容師の面接では「技術」はもちろんですが、「やる気」や「コミュニケーション力」を重視しているサロンが多いです。特に新卒・未経験から入社する場合には、たとえ技術が伴わなくとも積極的に学ぶ意欲があることをアピールできれば採用に繋がりやすくなるでしょう。「絶対にこのサロンで働きたい!」という思いを志望動機で伝えていくことが重要になります。志望動機は、その美容師の人間性を表します。

美容師面接での逆質問!なにをすれば評価が上がるの?

書類選考が通ったあとには、やっと面接本番です。緊張が続く質問の時間が終わって、最後に逆質問タイム。「それでは逆に何か質問はありますか?」という面接官の一言に、一体何を聞けばいいのだろう・・・と悩んでしまったことがある人も多いはず。

美容師の面接で聞かれる質問50!よく聞かれる質問は

何を聞かれるのか、何を話せばいいのか不安な面接。「質問に答えられなかったらどうしよう」「パニックになって頭が真っ白になりそう」など、何を聞かれるのか分からず、何の準備もしないまま面接に臨んだらしどろもどろな受け答えになってしまうかもしれません