美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。

採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。

自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の職務経歴書におけるアピールの方法

技術力について書く

自分が得意なカラーやカットの技術を記入しましょう。スタイリストデビューをしていたなら、自分のどんな技術を気に入って指名してくれていたのか、どんなメニューを強みに働いていたのかをアピールして下さい。アシスタントの場合にも、特に何か力を入れて練習していたことがあるならそこをアピールしましょう。

もし何か受賞歴があるのなら、具体的な賞の名前も出すと◎

カウンセリング能力について書く

技術力と並んで求められるのが、カウンセリング能力をはじめとしたコミュニケーション力です。

お客様がどんな髪型・髪色にしたいのかを会話の中で上手く聞き出せていたのなら、そこをアピールしましょう。

心の中に眠っている悩みも聞き出すことで、心から満足していただけるスタイルに仕上げていく能力は、美容師にとって不可欠な能力です。

採用担当もコミュニケーション力のある人材が欲しいと考えている人が多いので、上手く伝えて採用が有利に進むようにしましょう。

マネジメント経験について書く

今までの経験で、アシスタントのリーダーをしていたことがあったり、店長のような役割をしていたことがあるならそこをアピールしていきましょう。

マネジメント経験のある美容師は、採用側からも重宝されること間違いなし。即戦力となれるような評価の高いスキルなので、一番に伝えていきたいポイントです!

美容師の転職理由

幅広い仕事をしたい

今まで働いていたのがスタッフ人数の多いサロンで、アシスタント時代にはシャンプーやカット練習など基本的な仕事しかさせてもらえなかった場合には、着付けが学べたりモデル撮影ができたりという、普段のサロン業務とは違う仕事で美容師としてスキルアップしたいという理由が挙げられます。

人数の少ないサロンだと入社してすぐアシスタントの内からそれらの経験をさせてもらえるようなサロンも多くあり、そういったサロンではよく見られる転職理由です。

マネジメントをしたい

今まで働いてきたサロンでもマネジメントの経験がある、もしくは今まではそのような経験はないが挑戦してみたくて勉強中、というような人はそのことを転職理由に挙げてみましょう。

マネジメント経験がある人なら即戦力として歓迎されることはもちろん、勉強中の人もやる気を買われて採用に繋がりやすくなる場合があります。

接客スキルを磨きたい

毎日人数をなるべく多くこなすことを目標としているサロンの場合、1人のお客様に対してかける接客時間が短い場合があります。

流れ作業のようになってしまう接客ではなく、1人とじっくり話して深い悩みまで聞きだすことができるような接客スキルを磨きたいという考えの人は、人数の少ないサロンに行って接客を学びたいという理由を書いてみましょう。

一つの技術を磨きたい

通常のサロンだと、「カット・カラー・パーマ・トリートメント・ヘアセット」などなど数多くのメニューを扱っている場合がほとんど。「幅広い仕事をしたい」とは逆に、カラーならカラー専門でスキルをアップしたいというのも転職理由の一つとして挙げられます。カット専門店、カラー専門店に転職し、一つのメニューに特化して、スキルの高い美容師になることを目標にすることも良いでしょう。

志望動機

強みを活かしてスキルアップしたい

自分の今までの経験を活かし、得意なメニューのスキルアップをしたいという理由での転職の場合です。

「私の得意なメニューはカラーリングです。前職では、お客様の本当になりたい姿を会話の中から見つけ出し、その人の希望と合う色を考えた上でカラーをしていました。

そのため、貴社のようなカラーリング専門店で働きたいと考え転職を決意しました。『一人一人のお客様とじっくり話して似合うカラーを決めていく』という貴社のコンセプトにも共感し、是非貴社で働きたいと感じました。

自分の得意なカラーを生かして、お客様に一番愛されるようなカラーリストになりたいと考えております。」

幅広いスキルを身に着けたい

今までの経験では得られなかったスキルを身に着けたい、もっと幅広いメニューを学びたいという理由での転職の場合です。

「今までよりも幅広いメニューを身に着けたいと思い、今回転職に踏み切りました。前職ではスタイリストとして約3年間働いておりました。

入社してすぐに、撮影や着付け、ブライダルヘアメイクを経験させてもらえるという貴社の仕事内容に大変魅力を感じました。

ブライダルに関する仕事に関してもとても興味があり、そんなブライダルにも携わることのできる貴社で是非自分の経験を活かしながら新しいスキルを身に着けていきたいです。

これからは、先輩スタッフのサポートとして撮影に同行をしたり着付けを勉強しながらいち早くマルチに活躍できるスタイリストになって貴社に貢献したいと思っています。」

まとめ

美容師の職務経歴書では、自分が今までどんな働き方をしてきて、これからどんな働き方をしたいと考えているのか、明確にすることがもっとも大切です。

「マネジメントをしたい」「新しいメニューを身に着けたい」「接客スキルを磨きたい」など、まずは転職する理由を考えた上で働きたいサロンへのアピールを考えましょう。

自分の今までの経験の中で活かせるスキルは何か、足りないスキルは何かをしっかりと伝えることがポイントです。

美容師になるための情報まとめ