美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。

採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。

自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の職務経歴書におけるアピールの方法

技術力について書く

自分が得意なカラーやカットの技術を記入しましょう。スタイリストデビューをしていたなら、自分のどんな技術を気に入って指名してくれていたのか、どんなメニューを強みに働いていたのかをアピールして下さい。アシスタントの場合にも、特に何か力を入れて練習していたことがあるならそこをアピールしましょう。

もし何か受賞歴があるのなら、具体的な賞の名前も出すと◎

カウンセリング能力について書く

技術力と並んで求められるのが、カウンセリング能力をはじめとしたコミュニケーション力です。

お客様がどんな髪型・髪色にしたいのかを会話の中で上手く聞き出せていたのなら、そこをアピールしましょう。

心の中に眠っている悩みも聞き出すことで、心から満足していただけるスタイルに仕上げていく能力は、美容師にとって不可欠な能力です。

採用担当もコミュニケーション力のある人材が欲しいと考えている人が多いので、上手く伝えて採用が有利に進むようにしましょう。

マネジメント経験について書く

今までの経験で、アシスタントのリーダーをしていたことがあったり、店長のような役割をしていたことがあるならそこをアピールしていきましょう。

マネジメント経験のある美容師は、採用側からも重宝されること間違いなし。即戦力となれるような評価の高いスキルなので、一番に伝えていきたいポイントです!

美容師の転職理由

幅広い仕事をしたい

今まで働いていたのがスタッフ人数の多いサロンで、アシスタント時代にはシャンプーやカット練習など基本的な仕事しかさせてもらえなかった場合には、着付けが学べたりモデル撮影ができたりという、普段のサロン業務とは違う仕事で美容師としてスキルアップしたいという理由が挙げられます。

人数の少ないサロンだと入社してすぐアシスタントの内からそれらの経験をさせてもらえるようなサロンも多くあり、そういったサロンではよく見られる転職理由です。

マネジメントをしたい

今まで働いてきたサロンでもマネジメントの経験がある、もしくは今まではそのような経験はないが挑戦してみたくて勉強中、というような人はそのことを転職理由に挙げてみましょう。

マネジメント経験がある人なら即戦力として歓迎されることはもちろん、勉強中の人もやる気を買われて採用に繋がりやすくなる場合があります。

接客スキルを磨きたい

毎日人数をなるべく多くこなすことを目標としているサロンの場合、1人のお客様に対してかける接客時間が短い場合があります。

流れ作業のようになってしまう接客ではなく、1人とじっくり話して深い悩みまで聞きだすことができるような接客スキルを磨きたいという考えの人は、人数の少ないサロンに行って接客を学びたいという理由を書いてみましょう。

一つの技術を磨きたい

通常のサロンだと、「カット・カラー・パーマ・トリートメント・ヘアセット」などなど数多くのメニューを扱っている場合がほとんど。「幅広い仕事をしたい」とは逆に、カラーならカラー専門でスキルをアップしたいというのも転職理由の一つとして挙げられます。カット専門店、カラー専門店に転職し、一つのメニューに特化して、スキルの高い美容師になることを目標にすることも良いでしょう。

志望動機

強みを活かしてスキルアップしたい

自分の今までの経験を活かし、得意なメニューのスキルアップをしたいという理由での転職の場合です。

「私の得意なメニューはカラーリングです。前職では、お客様の本当になりたい姿を会話の中から見つけ出し、その人の希望と合う色を考えた上でカラーをしていました。

そのため、貴社のようなカラーリング専門店で働きたいと考え転職を決意しました。『一人一人のお客様とじっくり話して似合うカラーを決めていく』という貴社のコンセプトにも共感し、是非貴社で働きたいと感じました。

自分の得意なカラーを生かして、お客様に一番愛されるようなカラーリストになりたいと考えております。」

幅広いスキルを身に着けたい

今までの経験では得られなかったスキルを身に着けたい、もっと幅広いメニューを学びたいという理由での転職の場合です。

「今までよりも幅広いメニューを身に着けたいと思い、今回転職に踏み切りました。前職ではスタイリストとして約3年間働いておりました。

入社してすぐに、撮影や着付け、ブライダルヘアメイクを経験させてもらえるという貴社の仕事内容に大変魅力を感じました。

ブライダルに関する仕事に関してもとても興味があり、そんなブライダルにも携わることのできる貴社で是非自分の経験を活かしながら新しいスキルを身に着けていきたいです。

これからは、先輩スタッフのサポートとして撮影に同行をしたり着付けを勉強しながらいち早くマルチに活躍できるスタイリストになって貴社に貢献したいと思っています。」

まとめ

美容師の職務経歴書では、自分が今までどんな働き方をしてきて、これからどんな働き方をしたいと考えているのか、明確にすることがもっとも大切です。

「マネジメントをしたい」「新しいメニューを身に着けたい」「接客スキルを磨きたい」など、まずは転職する理由を考えた上で働きたいサロンへのアピールを考えましょう。

自分の今までの経験の中で活かせるスキルは何か、足りないスキルは何かをしっかりと伝えることがポイントです。

美容師になるための情報まとめ

美容師の仕事内容や一日の流れって?

美容師は華やかでかっこいいというイメージがありますが、過酷なスケジュールで働いているのも事実です。そんな美容師の一日のスケジュールをご紹介いたします。

美容師のスタイリストの実態!気になる給料ややりがいって?

サロンの中でたくさんのお客様から指名を受けて笑顔で生き生きと働くスタイリストは、アシスタントたちにとっての憧れの存在。そんなスタイリストになるには、一体どうすれば良いのでしょうか

意外と知らない、美容師のお休み事情

多くのサロンが定休日を月曜休みとしていますが、なぜ美容師は月曜に休みをとるようになったのか、その歴史や原因についてご紹介します。

美容師のお給料が安いってホント!?役職別に給料・年収の実態を知ろう!

今回は美容師の給料・年収について紹介していきます。スタイリストやアシスタントなど、役職別の給料についても紹介していくので、「キャリアアップのモチベーションが出ない…」という人はぜひ読んでみてくださいね。

美容師に向いている人ってどんな人?

美容師に向いている人は、どのような人でしょうか。今回は、美容師に向いている人はどのようなタイプの人かをご紹介いたします。

共感必至! 意外と多い“美容師・美容室あるある”

“美容室あるある”について取り上げていきます。美容室でのやりとりがTwitterで話題になったことや、多くの人が経験した“美容室あるある”をご紹介。「美容室で戸惑うことが多い」という人は要チェックです。

集客や指名を増やすためには、ファッションも重要!? オシャレに気を遣って美容師力をアップさせよう!

美容師を目指している皆さんは、将来的に技術や接客のスキルを上げることはもちろん、オシャレな美容師であることを目指している人も多いと思います。「美」を扱う美容師という職業であれば、自分自身の見た目に気を遣うのは当然のことですよね。

美容師になるには?必要な条件を知ろう!

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

“美容師”と言えば、華やかな世界で活躍しているイメージが強いですよね。その世界に憧れて「誰かをキレイにしてあげたい!」という思いから、美容師を目指す人も多いはず。

美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート!初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

あなたもワンランク上の美容師を目指しませんか?スキルアップの道をご紹介!

美容師にはカットの技術だけでなく、お客様により喜んでいただくためのさまざまなスキルセットが求められます。そこで今回は「今後、美容師としてどうスキルアップしていけばいいの?」と壁にぶつかっている方に、スキルアップしていくための具体的な方法などをご紹介します。

30代からでも遅くない! ブランクから復帰して美容師になる方法とは?

今回はブランクから復帰して美容師になる方法をご紹介。技術や知識を取り戻す方法、ブランクがあっても働きやすいサロンなどを紹介していきます。最近は子育てをしながら職場復帰して美容師として活躍している人も多いようなので是非参考にしてみてください。

美容師の魅力・やりがいって何?

見た目も華やかで、おしゃれなイメージの美容師。美容師にとっての魅力、やりがいとは何でしょうか?今回は「美容師の魅力」についてご紹介します。

美容師の裏側の本音に関して

現役美容師の本音とはどのように思っているのでしょうか。今回は、現役美容師達の仕事の大変さと本音や裏側について紹介します。

美容師になって良かったこと、大変なことって?

憧れの美容師。美容師になるとどのようなことが待ち受けているのでしょうか?今回は「美容師になって良かったこと」「美容師になって大変なこと」などをご紹介します。

美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

美容業界では、様々な理由でクレームが発生します。これまで一度も失敗したことがない、お客様に文句を言われたことがないという美容師はいないのではないでしょうか。ここではサロンでよくあるクレームと、クレームを防ぐための注意点を見ていきましょう!

美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師の仕事時間はお客様の予約状況に左右されることがあるので、確かに忙しい日はランチを取る時間もないほどです。もちろん営業中は座って休むこともできません。また、アシスタント時代はお店の営業前や営業後に技術練習があり、朝早くから終電近くまで

未経験者歓迎の美容師求人一覧

美容師になりたい方の中には「資格を持っていても実際に業務をこなしたことはない」という方がほとんど。しかし、全国の美容師求人は増えており、中でも未経験を積極的に採用するものが多いです

土日休みOKの美容師求人一覧

通常、忙しい美容室では土日祝日が休日にあたることは少ないものの、希望休制度やバースデイ休暇など休暇制度が充実しているところが多いです。

研修制度ありの美容師求人一覧

【研修制度あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

歩合ありの美容師求人一覧

【歩合あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

美容師にとっておすすめの就職時期って?

美容師の就職活動や転職活動をするに当たって気になることの一つが“時期”です。いつ就職するのがサロンにとって嬉しいのか、いつ活動を始めるのが有利なのか、どうせなら有利に仕事を決めたいですよね。

美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

面接で必ず必要になるのが履歴書です。あまり履歴書を書いたことがない方、転職は初めてなんだけど職歴書って何を書いたらいいの?とお困りの方など必見です。ここでは美容師の履歴書の書き方について見ていきましょう。

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の面接対策って?準備する方法を教えます。

美容師になるために、避けて通れないのが面接です。面接ではさまざまな質問を受けることになります。その質問の中には、「どう答えて良いのか分からない」というような難しい質問も含まれるので、前もって準備しておくことが大切です。

美容師の面接で大事な「志望動機」新卒・経験者など立場ごとに例文も紹介!

美容師の面接では「技術」はもちろんですが、「やる気」や「コミュニケーション力」を重視しているサロンが多いです。特に新卒・未経験から入社する場合には、たとえ技術が伴わなくとも積極的に学ぶ意欲があることをアピールできれば採用に繋がりやすくなるでしょう。「絶対にこのサロンで働きたい!」という思いを志望動機で伝えていくことが重要になります。志望動機は、その美容師の人間性を表します。

美容師面接での逆質問!なにをすれば評価が上がるの?

書類選考が通ったあとには、やっと面接本番です。緊張が続く質問の時間が終わって、最後に逆質問タイム。「それでは逆に何か質問はありますか?」という面接官の一言に、一体何を聞けばいいのだろう・・・と悩んでしまったことがある人も多いはず。

美容師の面接で聞かれる質問50!よく聞かれる質問は

何を聞かれるのか、何を話せばいいのか不安な面接。「質問に答えられなかったらどうしよう」「パニックになって頭が真っ白になりそう」など、何を聞かれるのか分からず、何の準備もしないまま面接に臨んだらしどろもどろな受け答えになってしまうかもしれません

美容師の求人・転職情報を探す