美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

金髪の子供

Nathan / Toilet training blues (from Flickr, CC BY 2.0)

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

また、今年卒業を迎える人だけが試験を受けるとは限らず、数年前に学校を卒業した人、以前受けたけど不合格だった人などさまざま。では、実際にどのくらいの人が毎年受けて、合格しているのかを見ていきましょう。

美容師国家試験の試験内容とは

美容師国家試験では、筆記試験と実技試験が行われます。

筆記試験

筆記試験では美容師に必要な知識を問い、実技試験ではウィッグを指定された髪型通りにカットできるかを判断します。知識とスキルの両面が備わっているかで試す場といえるでしょう。

試験では以下の8つのジャンルが出題されます。

  1. 関係法令・制度
  2. 公衆衛生・環境衛生
  3. 感染症
  4. 衛生管理技術
  5. 人体の構造及び機能
  6. 皮膚科学
  7. 美容の物理・化学
  8. 美容理論

ちょっと見るだけでも頭が痛くなる感じですが、美容師国家試験に出る内容なので、簡単に説明していきます!

関係法令・制度

関係法令・制度では、美容師に関連する制度や法律についての問題が出されます。

公衆衛生・環境衛生

公衆衛生・環境衛生では、過去に「2012年の日本における死因1位と2位の組み合わせを選べ」(正解はがんと心臓病)といった問題が出されました。基本的に、社会と衛生に関する知識を問います。

感染症

感染症では感染病の知識について問われ、過去には「感染症法の三類感染症になったら、特定の職業に就けなくなるか」(正解は○)といった問題もありました。

衛生管理技術

衛生管理技術では美容室の衛生を保つために必要な知識を、

人体の構造及び機能

人体の構造及び機能では体の仕組みに関する知識を、

皮膚科学

皮膚科学では皮膚の構造に関連する知識を問われます。

美容の物理・化学

美容の物理・化学では美容に関する知識を問われ、過去には「石けんは陰イオン界面活性剤かどうか」(正解は○)が出題されました。

美容理論

美容理論では、「ヘムラインはヘアデザインを作ることでできた髪と顔や首との境目で合っているかどうか」(正解は○)のような問題が出され、実務的な知識を試されます。

実技試験

実技試験では、ウィッグを使用して美容師のスキルをチェックしています。課題は2つに分けて出されます。

第一課題が「カッティング」、第二課題が「セッティング」です。合格の基準は減点が40点未満であるかどうかです。

第一課題「カッティング」はレイヤーカットを20分以内にできるかどうか。

第二課題「セッティング」はA. ワインディング、B. オールウェーブセッティングの2つがあり、毎年試験前にどちらか発表されます。

A. ワインディングでは4種類、60本以上のロットを20分以内に巻けるかどうか。

B. オールウェーブセッティングではオールウェーブを25分以内にできるかがそれぞれ問われます。

特に第一課題「カッティング」のレイヤーカットと第二課題「セッティング」のワインディング技術は、実際の施術でも多く使われるので、しっかり対策しておきましょう。

また、実技試験中には「衛生実技試験審査」も同時進行で行われています。

内容は①「動的審査」、②「静的審査」、③「確認的審査」の3つに分かれます。

それぞれ簡単にどこを見ている審査なのかをお伝えします。

①「動的審査」は、試験中に技術を安全かつ衛生面に留意して進めているかどうか。

②「静的審査」は、試験を開始する前の受験者の身体と服装、また使用する用具類が、試験においてふさわしいものであるかどうか。

③「確認的審査」は、試験終了後に用具類の衛生的処理状況について正しいかどうかです。

ポイントしては、まず身だしなみがちゃんとしていて、清潔感があるかどうか。用具においても正しく取り扱いができているかどうか。また実技試験での緊張状態で、用具を落としたり、手を切ったりしてしまった場合に、落ち着いて冷静に対応できるどうか、等が見られています。

想定外の事が起こるとパニックになってしまうので、試験の前にいろんな場合をシミュレーションして、資格取得を目指してください。

受験申込者数は2万人越え!

試験は年に春と秋との2回開催。毎年2万5千人以上が受験をし、約3分の2が2月に、残りの約3分の1程度の人が8月に受験します。卒業の集大成という事で2月は多くの学生が試験を受けるので、8月の倍以上もの人数が集まるようです。

しかし、応募人数が少ないから8月の方は会場も少ない、なんてことはありません。2月と同様の会場数が設けられており、試験問題自体も難易度は同じなので安心してください。もちろん、服装や持ち物などの厳しさも同じですよ。

実際の合格した人ってどのくらい?

下記の試験実施状況からもわかるように、2月の試験の合格率は約80パーセントから90パーセント程度、8月試験の場合は約50パーセントから60パーセントと、大きな差があります。

第36回美容師国家試験

受験申込者数:5,388人

受験者数:5,117人

合格者数:2,873人

合格率:56.1%

 

第35回美容師国家試験

受験申込者数:18,768人

受験者数:18,526人

合格者数:16,498人

合格率:89.1%

しかし、時期によって試験の難易度が変わるということありません。近年では美容師国家資格の取得に力を入れる美容学校も多く、専門学校の生徒の合格率が高くなってきているので、専門学生の受験者が多い2月はそれに比例して合格率が高くなっているのです。

 

引用元:公益財団法人理容師美容師試験研修センター

試験はどのぐらい難しいの?

前の文を見て不安に思った人もいるかもしれませんが、不合格者がいるとはいえ合格者も多いので、真面目に勉強をしていれば取りやすいとも言われています。他の国家試験、例えば司法試験などでは合格率は20%台というのも当たり前の世界なので、美容試験は比較的合格しやすいと言えるかもしれません。

筆記試験については多くの学校で十分な対策をしてくれているので、そこで学びつつ復習を兼ねれば大丈夫。実技に関しては、日頃から一つひとつの練習を真剣にこなすこと。どんなときでも基本の技術を披露できるようにしておけば、本番で慌てることもありません。

しかし、合格しやすいとは言え、ひとつ怠っただけで合格のチャンスを逃してしまうかもしれないので気は抜けません。

合格の基準って?

実際に試験を受けてみたけど、何が基準なのかよく分かっていない。不合格に納得できない! という人もいるはず。そこで、試験合格につながる基準を紹介していきます。

筆記試験の合格基準

筆記試験は、関係法規・制度、公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学、美容の物理・化学、美容理論の課目の中から、50問出題されます。50問中60%以上の正答率があれば合格出来ますが、それぞれの課目に一つでも無得点があると、その時点で終了してしまいます。どれか一つに力を入れすぎてしまうと、他の課目が疎かになってしまうので、バランスよく勉強しましょう。

実技試験の合格基準

実技試験は「減点方式」になっています。まず、第一課題としてカッティングの技術力を試され、ここでは減点が40点以上になると失格となります。また、オールウェーブセッティングなどの整髪は、減点を50点以下に抑えなければいけません。さらに、カット者の身体の衛生状態や用具の衛生上の取り扱いも審査対象となり、こちらは30点以下の減点が基準となっています。実技は筆記よりもかなり細かい基準値になっていますが、焦りは禁物。落ち着いて、いつもの様子を思い出しながらやりましょうね。

実はありがち? 不合格者の傾向

春試験の合格者数は9割近くあり、新卒者だけを見てみるとその割合はもっと高くなります。しかし、中には残念ながら不合格になってしまった人も…。実は不合格者の人に特徴と傾向があったのをご存知でしょうか?

当日の体調不良

どれだけ真面目に授業を受け、準備をしていても、体調を崩してしまっては元も子もありません。無理して行ったとしても、実技で十分なパフォーマンスもできなくなってしまいます。初春はインフルエンザなどがまだまだ流行している時期ですから、体調を崩すことなく、万全の状態で受験できるように準備しておきましょう。

授業を真面目に受けていない

授業にも出席して、学校にも毎日行ってる! といっても、授業の内容に集中していなければ意味がありません。興味の湧かない課目もあるかもしれませんが、そこはじっと我慢して、学校で覚えきっちゃうくらいの勢いで臨んでみてください。

道具を大切に扱っていない

どんなにカットやパーマの技術が優れていて、実技の面で問題がないとしても、道具の手入れを怠ったっていたり、本番で指示通りに道具が使えなければ不合格になってしまいます。せっかくの努力を無駄にしないためにも、ハサミなどの道具は丁寧に扱いましょう。

試験の合格率は違う?専門学校の全日制と通信制コース

美容師の国家試験を受けるためには、理容師・美容師の養成施設を卒業しなくてはいけません。しかし、働きながら勉強をしたいという人にとって全日制のコースに通うのはなかなか難しいもの。そこで利用したいのが通信制の専門学校。1998年4月1日以降に入学した人に関しては、昼間課程なら2年以上、通信課程なら3年以上の過程を修了すれば、受験資格を得ることができます。

 

気になる合格率ですが、全日制のコースでは90%以上の合格率を謳う学校が多く、通信制でも90%近い合格率を出している学校も。しかし一般的には、通信制コースの方が合格率が低いと言われているよう。自分のペースで勉強に取り組まなければならないため、個人のモチベーションを保つのが全日制に比べて難しいというのも理由のひとつかもしれません。

 

では実際に教育カリキュラムはどう違うのでしょうか。とある専門学校の通信課程では、10月に入学し、その時点では自宅で教材学習をスタート。その後3月と7月~8月の決められた日数のみ学校に行き、実技などを学ぶ「スクーリング」を行います。通学が必要なのは決まった期間のみなので、仕事をしている人も試験勉強しやすいシステムになっているのが特徴。国家試験の勉強については3年目の夏に対策授業を受けることができ、その後8月と9月に試験本番を迎えるという流れのようです。

不合格になった場合、次の試験はどうなる?

美容師の国家試験の科目は、「実技試験」と「筆記試験」に分かれます。そのため、もし一方の試験で不合格になった場合、次の試験ではどうなるのかと疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

 

実は、筆記と実技の両方を受験し「片方のみ合格」した場合、次回の試験では合格した方の科目は試験を「免除」されるという制度になっています。しかしそのためには申請が必要なので、該当する人は事前にしっかり確認し次の試験に臨んでくださいね。

 

また、試験に落ちてしまった再試験者も学ぶことができる「美容予備校」など、卒後でも国家試験対策ができる場所もあります。一人で勉強をするのはモチベーションが保てるか心配、勉強の仕方が間違っていたから落ちてしまったのでは、と不安に思っている人はぜひ利用して、再び試験に挑戦するのも手かもしれません。

 

繰り返しになりますが、ここできちんと資格取得のための情報をおさらいして、しっかり対策を練っておけば、それなりの結果が付いてきます。後は試験の前にゆっくり深呼吸をして、緊張をほぐすだけ。ぜひ次の合格者の一人になれるよう、頑張ってくださいね。

美容師になるための情報まとめ

美容師の仕事内容や一日の流れって?

美容師は華やかでかっこいいというイメージがありますが、過酷なスケジュールで働いているのも事実です。そんな美容師の一日のスケジュールをご紹介いたします。

美容師のスタイリストの実態!気になる給料ややりがいって?

サロンの中でたくさんのお客様から指名を受けて笑顔で生き生きと働くスタイリストは、アシスタントたちにとっての憧れの存在。そんなスタイリストになるには、一体どうすれば良いのでしょうか

意外と知らない、美容師のお休み事情

多くのサロンが定休日を月曜休みとしていますが、なぜ美容師は月曜に休みをとるようになったのか、その歴史や原因についてご紹介します。

美容師のお給料が安いってホント!?役職別に給料・年収の実態を知ろう!

今回は美容師の給料・年収について紹介していきます。スタイリストやアシスタントなど、役職別の給料についても紹介していくので、「キャリアアップのモチベーションが出ない…」という人はぜひ読んでみてくださいね。

美容師に向いている人ってどんな人?

美容師に向いている人は、どのような人でしょうか。今回は、美容師に向いている人はどのようなタイプの人かをご紹介いたします。

共感必至! 意外と多い“美容師・美容室あるある”

“美容室あるある”について取り上げていきます。美容室でのやりとりがTwitterで話題になったことや、多くの人が経験した“美容室あるある”をご紹介。「美容室で戸惑うことが多い」という人は要チェックです。

集客や指名を増やすためには、ファッションも重要!? オシャレに気を遣って美容師力をアップさせよう!

美容師を目指している皆さんは、将来的に技術や接客のスキルを上げることはもちろん、オシャレな美容師であることを目指している人も多いと思います。「美」を扱う美容師という職業であれば、自分自身の見た目に気を遣うのは当然のことですよね。

美容師になるには?必要な条件を知ろう!

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

“美容師”と言えば、華やかな世界で活躍しているイメージが強いですよね。その世界に憧れて「誰かをキレイにしてあげたい!」という思いから、美容師を目指す人も多いはず。

美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート!初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

あなたもワンランク上の美容師を目指しませんか?スキルアップの道をご紹介!

美容師にはカットの技術だけでなく、お客様により喜んでいただくためのさまざまなスキルセットが求められます。そこで今回は「今後、美容師としてどうスキルアップしていけばいいの?」と壁にぶつかっている方に、スキルアップしていくための具体的な方法などをご紹介します。

30代からでも遅くない! ブランクから復帰して美容師になる方法とは?

今回はブランクから復帰して美容師になる方法をご紹介。技術や知識を取り戻す方法、ブランクがあっても働きやすいサロンなどを紹介していきます。最近は子育てをしながら職場復帰して美容師として活躍している人も多いようなので是非参考にしてみてください。

美容師の魅力・やりがいって何?

見た目も華やかで、おしゃれなイメージの美容師。美容師にとっての魅力、やりがいとは何でしょうか?今回は「美容師の魅力」についてご紹介します。

美容師の裏側の本音に関して

現役美容師の本音とはどのように思っているのでしょうか。今回は、現役美容師達の仕事の大変さと本音や裏側について紹介します。

美容師になって良かったこと、大変なことって?

憧れの美容師。美容師になるとどのようなことが待ち受けているのでしょうか?今回は「美容師になって良かったこと」「美容師になって大変なこと」などをご紹介します。

美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

美容業界では、様々な理由でクレームが発生します。これまで一度も失敗したことがない、お客様に文句を言われたことがないという美容師はいないのではないでしょうか。ここではサロンでよくあるクレームと、クレームを防ぐための注意点を見ていきましょう!

美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師の仕事時間はお客様の予約状況に左右されることがあるので、確かに忙しい日はランチを取る時間もないほどです。もちろん営業中は座って休むこともできません。また、アシスタント時代はお店の営業前や営業後に技術練習があり、朝早くから終電近くまで

未経験者歓迎の美容師求人一覧

美容師になりたい方の中には「資格を持っていても実際に業務をこなしたことはない」という方がほとんど。しかし、全国の美容師求人は増えており、中でも未経験を積極的に採用するものが多いです

土日休みOKの美容師求人一覧

通常、忙しい美容室では土日祝日が休日にあたることは少ないものの、希望休制度やバースデイ休暇など休暇制度が充実しているところが多いです。

研修制度ありの美容師求人一覧

【研修制度あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

歩合ありの美容師求人一覧

【歩合あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

美容師にとっておすすめの就職時期って?

美容師の就職活動や転職活動をするに当たって気になることの一つが“時期”です。いつ就職するのがサロンにとって嬉しいのか、いつ活動を始めるのが有利なのか、どうせなら有利に仕事を決めたいですよね。

美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

面接で必ず必要になるのが履歴書です。あまり履歴書を書いたことがない方、転職は初めてなんだけど職歴書って何を書いたらいいの?とお困りの方など必見です。ここでは美容師の履歴書の書き方について見ていきましょう。

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の面接対策って?準備する方法を教えます。

美容師になるために、避けて通れないのが面接です。面接ではさまざまな質問を受けることになります。その質問の中には、「どう答えて良いのか分からない」というような難しい質問も含まれるので、前もって準備しておくことが大切です。

美容師の面接で大事な「志望動機」新卒・経験者など立場ごとに例文も紹介!

美容師の面接では「技術」はもちろんですが、「やる気」や「コミュニケーション力」を重視しているサロンが多いです。特に新卒・未経験から入社する場合には、たとえ技術が伴わなくとも積極的に学ぶ意欲があることをアピールできれば採用に繋がりやすくなるでしょう。「絶対にこのサロンで働きたい!」という思いを志望動機で伝えていくことが重要になります。志望動機は、その美容師の人間性を表します。

美容師面接での逆質問!なにをすれば評価が上がるの?

書類選考が通ったあとには、やっと面接本番です。緊張が続く質問の時間が終わって、最後に逆質問タイム。「それでは逆に何か質問はありますか?」という面接官の一言に、一体何を聞けばいいのだろう・・・と悩んでしまったことがある人も多いはず。

美容師の面接で聞かれる質問50!よく聞かれる質問は

何を聞かれるのか、何を話せばいいのか不安な面接。「質問に答えられなかったらどうしよう」「パニックになって頭が真っ白になりそう」など、何を聞かれるのか分からず、何の準備もしないまま面接に臨んだらしどろもどろな受け答えになってしまうかもしれません