美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

面接で必ず必要になるのが履歴書です。あまり履歴書を書いたことがない方、転職は初めてなんだけど職歴書って何を書いたらいいの?とお困りの方など必見です。ここでは美容師の履歴書の書き方について見ていきましょう。

美容師の履歴書には全身写真が必要

白黒の男性の写真

美容師の面接では、履歴書の写真とは別に全身写真を求められる場合があります。全身写真とは文字通り頭からつま先まで全身が映っている写真です。

あなたのスタイルやバランス、ファッション性などを見られるように全身が隠れていない写真を選びましょう。

どうして美容師は全身写真が必要なの?

裏方である美容師にどうして全身写真が必要なのでしょうか。

 

それは美容師自身がお客様のモデルになるからです。さすがにお客様の前で仕事に取り掛かる際に、家にいる格好では立てません。それはあなたがお客様に見られていることを意識できているからではないでしょうか。

 

そして、そんな姿を見ているのはお店側のオーナーや店長も同じです。お客様の前でどんな姿で立つのか、美意識の高さはどのくらいなのか、美容師としての全てにおけるセンスを履歴書と一緒に全身写真で確認したいと思っているのです。

 

働く前にイメージをすることで、全身からにじみ出る人柄やファッションセンスがお店にマッチするかどうかを判断材料としています。。

全身写真はどこでどんな風に撮る?

美容師の履歴書に必要な全身写真は、ファッションセンスや人柄をしっかりと映し出さなければなりません。自分らしさを撮ることができるならば、好きなところで友人や家族に撮ってもらっても良いでしょう。

しかし、ここでおすすめするのはやはりプロに全身写真を撮っていただくことです。顔色を良くしてくれたり、服の発色を良くしてくれたり、あなたが気合を入れた髪型を綺麗にポイントとして写してくれ、また足を長く撮ってもらえることもできます。

 

履歴書を見る人にまずは好印象を抱いてもらわなければなりませんから、悔いの残らないものを写真館で撮ってもらいましょう。

あなたの印象を決める第一歩

おしゃれな女性のポージング

見た目で選ぶなんて、と思うかもしれませんがやはり美容師はファッションに関わるお仕事ですから見た目の印象はとても大切です。

 

もし見た目に自信のない方は、ぜひ清潔感に重きをおいて全身写真を撮ることにチャレンジしてみましょう。全身写真は、お店を決める為の第一歩になります。気合を入れて、あなたらしさが溢れる全身写真を仕上げてください。

学歴欄の書き方

西暦か元号に統一

履歴書を書く際にまず戸惑うのが学歴や職歴の項目です。西暦で書くべきなのか、元号(和暦)で書くべきなのか、迷ってしまうと思いますが基本的にはどちらでもOKです。書きやすい方を選んで書いてください。ただし、西暦と元号が混在しているような履歴書だと面接担当の方が見づらいので、どちらかに統一して表記しましょう。

余白をあけて読みやすく

面接官の方は何人もの履歴書を見ています。あまり見にくい履歴書だとそもそも見てもらえないなんてことも…。

例えば、「○○県立○○高等学校入学」のように全て詰めて記入すると読みにくい文章になってしまうので、学校名と入学の前には必ず余白を入れるようにしましょう。この場合、余白の場所もなるべく揃えて記入できるといいですね。文字と文字の間も詰めて書くのではなく、見やすくなるようにある程度の余白をとることが大切です。

志望動機欄の書き方

例文1

○○美容専門学校を3月に卒業予定の学生です。小さいころから髪の毛をいじることが好きで、美容学校に進学しました。学校ではヘアメイク学部にて着付けやヘアアレンジメイクなど幅広い技術を学びました。アルバイトなどの接客経験から、コミュニケーション力には自信があります。学校で教わったことを活かし、一日でも早く一人前の美容師になれるように積極的に勉強します。よろしくお願いいたします。

例文2

結婚し出産して退職しましたが、アシスタントとして都内の美容室で2年の経験があります。受付対応やシャンプー・カラー入客はしております。笑顔での接客や明るい挨拶には自信があります。一度は離れた業界ですが、子育てが落ち着きやはり美容のお仕事がしたいと思い御社を志望させていただきました。ブランクはありますが、学んできたことを活かしつつ、1日でも早くお客様のご希望に沿ったスタイルを提案できる美容師になるため、一生懸命頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。

職歴欄の書き方

書きはじめはどうする?

職歴は、まず学歴の最後の行から1行空けて、「職歴」と記してから書き始めます。

「職歴」と記した行の次の行から「会社名」「支店名(あれば)」「従業員数〇名」「ポジション(スタイリスト・マネージャなど)」などどのくらいの規模のお店でどのような仕事をしていたかが分かるような情報を書いていくと良いでしょう。また、退社した場合は「一身上の都合により退職」と書き、その店舗でまだ勤務中である場合は「現在に至る」と書きます。

会社名・部署名は正式名称で

株式会社を(株)と書いたりせず、きちんと正式名称で記入するようにしましょう。もし在籍中に途中で会社名や屋号が変わったりした場合は、その旨も記入しましょう。

異動があり、部署が変わった場合にも記載するのが望ましいですが、もし何度か異動があり長くなってしまう場合には割愛し、職務経歴書に記載すればOK。

ごまかさず、すべて記入

嘘をついてごまかしても意味がありません。たとえ数ヶ月で退職している会社やサロンがあったとしても、それも全て記入するようにしましょう。もし実際より長く働いていたことにしていても、採用されたあとに雇用保険で確認をすると食い違いが生じるので、いずれ分かってしまいます。採用されたいからと言って嘘をついて立派な業務経歴を記載しても、嘘がばれて不採用となってしまっては意味がありません。

履歴書作成のNGポイント

文字サイズが小さすぎる

履歴書の文字サイズが小さすぎると大変読みにくい履歴書になってしまいます。読みにくい履歴書になっていると、あなたがせっかく苦労して書いていても読まれない可能性もあります。面接する会社側にはいくつもと履歴書が届くので、読む人の事を考えて適切な文字サイズで作成しましょう。

誤字脱字がある

基本的な表記ルールを守って書きましょう。採用担当がまず見るのは、誤字脱字がないか・数字の統一がされているか・余白を上手く使って見やすいかなどです。株式会社を(株)と略してあったり漢字の間違いがあったりすると、「あまり時間をかけずに書いているのかな」「うちのサロンに対してそんなに本気ではないのかな?」と思われてしまう可能性もあります。

データの流用には注意

複数の会社に応募する際についやってしまうのがデータの流用です。1度作成した履歴書データを他の企業に応募する際に使う時は注意が必要です。学歴や職歴といった部分は流用しても問題ないのですが、PRポイントや志望動機など企業によって書き換えが必要な個所はミスがないかしっかりと確認するようにしましょう。特に、企業名や日付は以前のデータのまま提出することがないよう、注意してください。

履歴書で採用担当が見ているポイント

入社の意欲が高いかどうか

会社は働く意欲のある人を求めています。せっかく入社しても直ぐに辞めてしまう人だと時間を掛けて研修したことも全部無駄になってしまうからです。なので、入社の意欲があることを「自分の言葉」でアピールすることが大変重要になってきます。ネットに書いてあるような内容をコピーしたものでは、必ず採用担当に気づかれます。自分の経験は何か、それを生かしてその会社・サロンで何がしたいのかを書いてあることが大切です。文章が下手でもあなたの意欲が伝われば、きっと採用に繋がりますので、頑張ってください。

志望動機以外の欄もしっかり埋めてあるか?

あなたと初めて会う採用担当者は、あなたのことを履歴書の情報でしか知ることができません。たとえどんなに長く志望動機が書いてあっても、趣味や特技などその他の欄が空白ではあなたの人柄までは把握できないのです。

その為、履歴書にある欄はすべて記入し、あなたの性格や人柄をアピールしましょう。

少し変わった趣味や特技があると、採用担当者に興味を持ってもらえてそこから会話が弾むことも十分ありえます。上手く自己PRに繋がるような内容で記入を心がけて下さいね。

退職理由が書かれているか

前職の退職理由も重要なポイントになります。多くの会社は、できるだけ長く勤めてほしいと思っています。前職の退職理由によっては入社してもまたすぐに辞めてしまうのではないか、と考えている会社も多いです。例えば将来独立を目指しており、独立支援を謳っている会社への転職を考えているのであれば、「将来独立を考えているので、貴社で知識を身に着けていずれ独立したい」としっかり伝えることがアピールに繋がることもあります。退職理由もしっかりと書きましょう。

履歴書の選び方

希望する働き方で選ぶ

履歴書は、大きく分けて

・JIS規格(どんな働き方にも対応。学歴・職歴など自分の経歴を記入する欄が多い)

・転職者用(JIS規格の内容に加え、転職理由などを記入する欄が設けられている)

・アルバイト・パート用(働ける曜日や時間を記入する欄が設けられている)

の3種類があります。あなたの希望する働き方にあわせて用紙を選びましょう。

フォーマットについて

会社によってはフォーマットを指定してくる会社もありますので、指定がある場合は指定された履歴書を使用しましょう。その場合には会社のホームページや採用サイトなどに分かりやすく記入されているので、必ず応募前に確認をしておきましょう。

指定がない場合はネット上で履歴書のテンプレートが配布されているので、ダウンロードして使用するのがおすすめです。

困ったらA4サイズを選ぶ

サイズは何を選べばいいのか、悩む人も多いことでしょう。結論で言えば、どのサイズでも大丈夫です。決まったサイズはないので、既に持っているものがあるのならそれを使用しましょう。

もし今から購入する場合には、記入スペースの多いA4の履歴書を購入することをおすすめします。仕事で使う用紙がほとんどA4の為採用担当者にも扱いやすく、職務経歴書もほとんどがA4サイズなのでそれに合わせてA4を選ぶのが良いでしょう。

手書きと印刷どっちがいいの?

履歴書は手書きがいいのか、それとも印刷したほうが良いのか。結論から言うと、見やすい履歴書であれば手書きでも印刷でも問題ありません。

手書きの方が、「個性が出しやすい」「文字から人柄が伝わりやすい」等のメリットがありますが、字があまりうまくない人が手書きで書くと読みにくくなるというデメリットがあります。また綺麗な履歴書にしようと思うと間違えたら書き直しが必要になり、複数社に応募する場合には大変時間がかかります。

印刷の場合は、「作成時間が短縮される」「読みやすい」「他の会社・サロンにも使いまわせる」などのメリットがあります。その分機械的になってしまい、個性が出しにくく人柄が伝わりにくい履歴書になってします可能性があります。

それぞれのメリットデメリットを考えて、自分に合った履歴書の作成をしましょう!

美容師になるための情報まとめ

美容師の仕事内容や一日の流れって?

美容師は華やかでかっこいいというイメージがありますが、過酷なスケジュールで働いているのも事実です。そんな美容師の一日のスケジュールをご紹介いたします。

美容師のスタイリストの実態!気になる給料ややりがいって?

サロンの中でたくさんのお客様から指名を受けて笑顔で生き生きと働くスタイリストは、アシスタントたちにとっての憧れの存在。そんなスタイリストになるには、一体どうすれば良いのでしょうか

意外と知らない、美容師のお休み事情

多くのサロンが定休日を月曜休みとしていますが、なぜ美容師は月曜に休みをとるようになったのか、その歴史や原因についてご紹介します。

美容師のお給料が安いってホント!?役職別に給料・年収の実態を知ろう!

今回は美容師の給料・年収について紹介していきます。スタイリストやアシスタントなど、役職別の給料についても紹介していくので、「キャリアアップのモチベーションが出ない…」という人はぜひ読んでみてくださいね。

美容師に向いている人ってどんな人?

美容師に向いている人は、どのような人でしょうか。今回は、美容師に向いている人はどのようなタイプの人かをご紹介いたします。

共感必至! 意外と多い“美容師・美容室あるある”

“美容室あるある”について取り上げていきます。美容室でのやりとりがTwitterで話題になったことや、多くの人が経験した“美容室あるある”をご紹介。「美容室で戸惑うことが多い」という人は要チェックです。

集客や指名を増やすためには、ファッションも重要!? オシャレに気を遣って美容師力をアップさせよう!

美容師を目指している皆さんは、将来的に技術や接客のスキルを上げることはもちろん、オシャレな美容師であることを目指している人も多いと思います。「美」を扱う美容師という職業であれば、自分自身の見た目に気を遣うのは当然のことですよね。

美容師になるには?必要な条件を知ろう!

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

“美容師”と言えば、華やかな世界で活躍しているイメージが強いですよね。その世界に憧れて「誰かをキレイにしてあげたい!」という思いから、美容師を目指す人も多いはず。

美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート!初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

あなたもワンランク上の美容師を目指しませんか?スキルアップの道をご紹介!

美容師にはカットの技術だけでなく、お客様により喜んでいただくためのさまざまなスキルセットが求められます。そこで今回は「今後、美容師としてどうスキルアップしていけばいいの?」と壁にぶつかっている方に、スキルアップしていくための具体的な方法などをご紹介します。

30代からでも遅くない! ブランクから復帰して美容師になる方法とは?

今回はブランクから復帰して美容師になる方法をご紹介。技術や知識を取り戻す方法、ブランクがあっても働きやすいサロンなどを紹介していきます。最近は子育てをしながら職場復帰して美容師として活躍している人も多いようなので是非参考にしてみてください。

美容師の魅力・やりがいって何?

見た目も華やかで、おしゃれなイメージの美容師。美容師にとっての魅力、やりがいとは何でしょうか?今回は「美容師の魅力」についてご紹介します。

美容師の裏側の本音に関して

現役美容師の本音とはどのように思っているのでしょうか。今回は、現役美容師達の仕事の大変さと本音や裏側について紹介します。

美容師になって良かったこと、大変なことって?

憧れの美容師。美容師になるとどのようなことが待ち受けているのでしょうか?今回は「美容師になって良かったこと」「美容師になって大変なこと」などをご紹介します。

美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

美容業界では、様々な理由でクレームが発生します。これまで一度も失敗したことがない、お客様に文句を言われたことがないという美容師はいないのではないでしょうか。ここではサロンでよくあるクレームと、クレームを防ぐための注意点を見ていきましょう!

美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師の仕事時間はお客様の予約状況に左右されることがあるので、確かに忙しい日はランチを取る時間もないほどです。もちろん営業中は座って休むこともできません。また、アシスタント時代はお店の営業前や営業後に技術練習があり、朝早くから終電近くまで

未経験者歓迎の美容師求人一覧

美容師になりたい方の中には「資格を持っていても実際に業務をこなしたことはない」という方がほとんど。しかし、全国の美容師求人は増えており、中でも未経験を積極的に採用するものが多いです

土日休みOKの美容師求人一覧

通常、忙しい美容室では土日祝日が休日にあたることは少ないものの、希望休制度やバースデイ休暇など休暇制度が充実しているところが多いです。

研修制度ありの美容師求人一覧

【研修制度あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

歩合ありの美容師求人一覧

【歩合あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

美容師にとっておすすめの就職時期って?

美容師の就職活動や転職活動をするに当たって気になることの一つが“時期”です。いつ就職するのがサロンにとって嬉しいのか、いつ活動を始めるのが有利なのか、どうせなら有利に仕事を決めたいですよね。

美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

面接で必ず必要になるのが履歴書です。あまり履歴書を書いたことがない方、転職は初めてなんだけど職歴書って何を書いたらいいの?とお困りの方など必見です。ここでは美容師の履歴書の書き方について見ていきましょう。

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の面接対策って?準備する方法を教えます。

美容師になるために、避けて通れないのが面接です。面接ではさまざまな質問を受けることになります。その質問の中には、「どう答えて良いのか分からない」というような難しい質問も含まれるので、前もって準備しておくことが大切です。

美容師の面接で大事な「志望動機」新卒・経験者など立場ごとに例文も紹介!

美容師の面接では「技術」はもちろんですが、「やる気」や「コミュニケーション力」を重視しているサロンが多いです。特に新卒・未経験から入社する場合には、たとえ技術が伴わなくとも積極的に学ぶ意欲があることをアピールできれば採用に繋がりやすくなるでしょう。「絶対にこのサロンで働きたい!」という思いを志望動機で伝えていくことが重要になります。志望動機は、その美容師の人間性を表します。

美容師面接での逆質問!なにをすれば評価が上がるの?

書類選考が通ったあとには、やっと面接本番です。緊張が続く質問の時間が終わって、最後に逆質問タイム。「それでは逆に何か質問はありますか?」という面接官の一言に、一体何を聞けばいいのだろう・・・と悩んでしまったことがある人も多いはず。

美容師の面接で聞かれる質問50!よく聞かれる質問は

何を聞かれるのか、何を話せばいいのか不安な面接。「質問に答えられなかったらどうしよう」「パニックになって頭が真っ白になりそう」など、何を聞かれるのか分からず、何の準備もしないまま面接に臨んだらしどろもどろな受け答えになってしまうかもしれません

美容師の求人・転職情報を探す