美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師を辞めたくなる理由

拘束時間が長い

美容師の仕事時間はお客様の予約状況に左右されることがあるので、確かに忙しい日はランチを取る時間もないほどです。もちろん営業中は座って休むこともできません。また、アシスタント時代はお店の営業前や営業後に技術練習があり、朝早くから終電近くまで残って勉強するなんてこともあります。

給与が安い

美容師の平均年収は約260万円と他の職業に比べると低いと言われています。特にアシスタント時代は薄給なのに拘束時間が長いので、自分の仕事量と給与が見合わないと感じることもあるようです。また、結婚して家庭を持つようになると子育てなどでお金がかかります。なかなか思うように稼げない美容師という職業に不安を感じ、このまま働いていていいのだろうかと悩むこともあります。

将来が不安

美容師は以外にも体力勝負な職業でもあります。営業中はずっと立ち仕事。施術中になると中腰になって1時間くらい集中してお客様の髪の毛をカットしています。ハードな職業なので、年を取って体力の衰えを感じてくるとこのままずっと美容師として働けるかと心配になって、将来に不安を持つ人もいます。

経験年数で辞めるべきか見えてくる

1年以内

1年以内に辞めたくなる人はスキルが身につかないといないために辞めたくなるケースが多々あります。技術習得までは朝から夜遅くまで練習して心身ともに疲れると思いますが、せっかく今まで学び続けてきたことなので、ここですべてを捨てて辞めてしまうというのはもったいないです。スキルが身について来たら今まで悩んでいたことが嘘のように仕事が楽しくなります。辞めたい度合いによっても変わってきますが、まだ頑張れるのであれば、スキルがつくまで続けることをおすすめします。

3年以内

3年以内に辞めたくなる人はあともう一息でなかなかスタイリストデビューできないことが原因の人が多いと思います。言われていることは分かるが、思うようにできない。もしかしたら自分に美容師という職業はあっていないんじゃないかと悩んだりなど。もどかしい時期だとは思いますが、そんな悩みも成長過程では誰しもが経験することです。もう少しで仕事が楽しくなってくるので、将来を見据えてあと少し頑張ってみませんか。

5年以上

5年以上美容師を続けている人が辞めたくなるのは、努めているサロンの待遇や給与などに不満を抱えていることが多いです。このまま美容師を続けていて将来は本当に大丈夫なんだろうかと不安に思う気持ちも分かりますが、辞めるという決断の前にまずは店長と給料、役職、休暇などについて相談・交渉してみてはいかがでしょうか。自分が今思っていることや改善してほしいことについて率直に打ち明けてみましょう。店長もただ気づいていないだけのこともありますし、交渉するのはタダです。もしトーク力に自信がないのであれば、テキスト(文章)で自分の思いをぶつけてみしょう。その際「口頭ではうまく説明できないので、テキストで失礼します。」と伝えれば、店長もすんなり受け入れてくれます。

辛い思いをしているときにやってみたいこと

愚痴る

たまには思いっきり人に愚痴りましょう!

思っていることを自分のなかだけにとどめておくと、いつかは爆発してしまいます。そうならないように外に吐き出していけば、少しずつ環境が好転していくなんてこともあります。

いい人をやめてみる

必要以上に良い人でいようとしていませんか?

誰に対してもいい人でいようとすると、いつかは矛盾が生まれます。周りを気にしすぎて自分の意見が言えなくなったり、気を使い過ぎて疲れてしまいます。自分がつぶれてしまう前にいい人を辞めてみませんか。

休む

疲れた時は休んでいいんです!

自分が気持ち良く働き続けるためにもお休みはしっかり取りましょう。言われたことを全てやらなくちゃいけないなんてことはありません。限界が来たら一旦休みましょう。そうしてリフレッシュで来たらまた気持ちよく働きましょう。

人に任せる

全て自分でやろうとしていませんか?

周りをよく見てください。あなたの他にも人はいますよ。他の人に信頼して任せることで、その人が活躍できるようにしていくこともお店には必要なことです。まずは深呼吸して、気持ちよく他の人に任せてみませんか。

まとめ

今活躍している美容師も一度は「美容師辞めたい」と思ったことがあるかもしれません。しかし、辞めなかった先に何があるのかを知ることができるのは辞めなかった人だけです。仕事がつらいのはどの職業になっても一緒です。上手くいかないと思ったら、人にアドバイスを求めたり、新しい考えを試したり、何らかのアクションを起こすことで状況が180度好転することもあります。辞めるという決断を下す前に、とことんあがいてみませんか。

美容師になるための情報まとめ