美容師への髪型依頼方法

きれいな髪の女性  

ヘアサロンで美容師へ自分の理想の髪型を依頼するのって難しいですよね。自分の思っているスタイルに切ってもらうためにはどのように依頼したらよいのでしょうか。

ここでは、前半に美容師に髪型を依頼する場合、後半では美容師が自分で髪を切る場合について詳しく見ていきましょう。

理想の髪型を依頼するには

美容室で髪型を依頼したときに「思っていたよりも短く切られてしまった」ということはないですか?

短くして欲しいとは言ったけど、「まさかこんなに短くされてしまうとは・・・」と悲しくなるような事もありますよね。美容師へ自分の理想の髪型を伝えるのは思ったよりも難しいものです。

まず気を付けなくてはいけないのは、「とりあえず短くしてください」「いい感じに切ってください」などざっくりとした注文をしたときです。既に何度も通っている美容室でコミュニケーションも取れているならまだしも、初めて来店する美容室ですべてお任せと言われると美容師は困ってしまいます。

自分の理想の髪型に近づくためには、いくつかのポイントがあります。

理想の髪型に近づけるためのポイント

① イメージを固める

美容室に行く前に、まずあなた自身がどうなりたいのかをイメージしてみましょう。かわいくなりたいのか、カッコよくなりたいのかできるだけ雰囲気が伝わるような言葉を見つけます。うまく言葉で伝える自信がない場合は、雑誌の切り抜きを持って行ってもいいし、ケータイの画像検索やインスタのカットモデルの写真を保存して、美容師に見せるのも良いでしょう。写真があれば美容師に自分のイメージを的確に伝えることが出来るのでオススメです。

どうしてもイメージが固まらない場合には、逆に「この髪型だけは嫌だ!」という髪形の写真を見せるなどしてイメージを伝える努力をしましょう!

② 自分が思っているよりも数センチ長めに切ってもらう

髪を短く切ってもらう場合、「だいたいこの辺で」と伝えていませんか?あなたがジャストサイズだと思っている長さをそのまま伝えると「思っていたよりも短く切られた」ということが起こり得ます。短く切ってしまった場合はもう取り返しがつきません。

それを避ける為にお勧めしたいのが、自分が思っているよりも少し長めに切ってもらうという事です。

例えば、「5cm」切りたい場合は「3cm」と伝える。実際切ってもらって、長いなーと感じたらもう少し短くしてもらう。そうすることで「切りすぎた!」という失敗がなくなります。

③ 髪質を伝える

例えば「ねこっ毛でパーマがかかりにくい」「雨が降ると髪がすぐに広がってしまう」「生え癖が気になる」など、普段気になっている髪の毛の悩みを伝えましょう。

美容室で綺麗にブロー・セットしてもらうと普段の自分の髪ではないような仕上がりになりますが、次の日からは自分でセットしなくてはなりません。美容室でやってもらったみたいに綺麗にセットするのはなかなか難しいですよね。普段くせ毛が付きやすい方向や髪質で困っていることなどを相談すれば、美容師はそれに応えて施術してくれますよ。

番外編:美容師が自分の髪のカットするとき

多くの一般人は、「美容師は人の髪をカットするのが仕事だから、自分の髪もカットできるはず」と考えます。けれども、実際に自分でカットしている美容師はほとんどいません。その理由を紹介します。

自分で後ろの髪をカットするのは難しい

ロングヘアの女性  

たとえカットする技術が優れていたとしても、お客様の髪をカットするのと、自分の髪をカットするのとでは手の動かし方がまったく異なります。特に難しいのが後ろです。こればかりは合わせ鏡にしないと見えず、しかも左右逆です。これでは思うようにハサミを使えません。

フロントやトップ、サイドだけをカットしたり、梳いてボリュームを調節したりするくらいなら無理なくできますが、後ろができないと全体のバランスが悪くなってしまいます。そんな髪型ではお客様の前に立ちづらくなるでしょう。

同じサロンの美容師にカットしてもらう

サロンに勤務していれば他にも美容師がいます。手が空いている時にお願いすればきっと快くカットしてくれます。その代わり、相手からお願いされればお返しにカットしてあげましょう。もちろん、従業員同士なので料金は無料。そのため、自分でできる前髪のカットやカラーでも、すべてお願いしている美容師さんも多いようです。

中にはアシスタントの練習台になったり、新たにサロンで導入しようとする新製品の実験台に率先してなったりする後輩想いの美容師さんもいます。従業員同士なら比較的意見も言いやすく、お互いの勉強にもなるといったメリットがあります。

他のサロンに行って勉強してみる

ハサミとクシ  

あえてお金を払って他のサロンでカットする美容師もいます。単に知り合いがいたり気晴らしのために行ったりする場合もありますが、ほとんどの美容師が偵察を兼ねて他のサロンに行きます。

自分のサロンだけしか知らないと、いつしかそれが当たり前になって気づきが少なくなってしまいます。ほとんどのお客様は何か問題があっても、それを口に出さないまま来店しなくなります。

他のサロンに行けば好感の持てる接客やサービスを取り入れたり、逆に反面教師にして自らを省みる機会にしたりするなど何らかの参考にできます。熱心な美容師は、こんな時でも抜かりなく勉強しているのです。

美容師が自分の髪をカットしない理由は様々ですが、身近に美容師がいて他のサロンに行けば学べることがいっぱいあるなら、わざわざ自分でカットする必要はないでしょう。

さらに美容師はお客様の前に立つ仕事です。だからこそ、この人にカットしてもらいたいと思わせる髪型でなければいけません。それなら面倒でうまくいかないよりも、誰かにカットしてもらった方が安心です。

美容師になるための情報まとめ

美容師の仕事内容や一日の流れって?

美容師は華やかでかっこいいというイメージがありますが、過酷なスケジュールで働いているのも事実です。そんな美容師の一日のスケジュールをご紹介いたします。

美容師のスタイリストの実態!気になる給料ややりがいって?

サロンの中でたくさんのお客様から指名を受けて笑顔で生き生きと働くスタイリストは、アシスタントたちにとっての憧れの存在。そんなスタイリストになるには、一体どうすれば良いのでしょうか

意外と知らない、美容師のお休み事情

多くのサロンが定休日を月曜休みとしていますが、なぜ美容師は月曜に休みをとるようになったのか、その歴史や原因についてご紹介します。

美容師のお給料が安いってホント!?役職別に給料・年収の実態を知ろう!

今回は美容師の給料・年収について紹介していきます。スタイリストやアシスタントなど、役職別の給料についても紹介していくので、「キャリアアップのモチベーションが出ない…」という人はぜひ読んでみてくださいね。

美容師に向いている人ってどんな人?

美容師に向いている人は、どのような人でしょうか。今回は、美容師に向いている人はどのようなタイプの人かをご紹介いたします。

共感必至! 意外と多い“美容師・美容室あるある”

“美容室あるある”について取り上げていきます。美容室でのやりとりがTwitterで話題になったことや、多くの人が経験した“美容室あるある”をご紹介。「美容室で戸惑うことが多い」という人は要チェックです。

集客や指名を増やすためには、ファッションも重要!? オシャレに気を遣って美容師力をアップさせよう!

美容師を目指している皆さんは、将来的に技術や接客のスキルを上げることはもちろん、オシャレな美容師であることを目指している人も多いと思います。「美」を扱う美容師という職業であれば、自分自身の見た目に気を遣うのは当然のことですよね。

美容師になるには?必要な条件を知ろう!

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

“美容師”と言えば、華やかな世界で活躍しているイメージが強いですよね。その世界に憧れて「誰かをキレイにしてあげたい!」という思いから、美容師を目指す人も多いはず。

美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート!初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

あなたもワンランク上の美容師を目指しませんか?スキルアップの道をご紹介!

美容師にはカットの技術だけでなく、お客様により喜んでいただくためのさまざまなスキルセットが求められます。そこで今回は「今後、美容師としてどうスキルアップしていけばいいの?」と壁にぶつかっている方に、スキルアップしていくための具体的な方法などをご紹介します。

30代からでも遅くない! ブランクから復帰して美容師になる方法とは?

今回はブランクから復帰して美容師になる方法をご紹介。技術や知識を取り戻す方法、ブランクがあっても働きやすいサロンなどを紹介していきます。最近は子育てをしながら職場復帰して美容師として活躍している人も多いようなので是非参考にしてみてください。

美容師の魅力・やりがいって何?

見た目も華やかで、おしゃれなイメージの美容師。美容師にとっての魅力、やりがいとは何でしょうか?今回は「美容師の魅力」についてご紹介します。

美容師の裏側の本音に関して

現役美容師の本音とはどのように思っているのでしょうか。今回は、現役美容師達の仕事の大変さと本音や裏側について紹介します。

美容師になって良かったこと、大変なことって?

憧れの美容師。美容師になるとどのようなことが待ち受けているのでしょうか?今回は「美容師になって良かったこと」「美容師になって大変なこと」などをご紹介します。

美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

美容業界では、様々な理由でクレームが発生します。これまで一度も失敗したことがない、お客様に文句を言われたことがないという美容師はいないのではないでしょうか。ここではサロンでよくあるクレームと、クレームを防ぐための注意点を見ていきましょう!

美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師の仕事時間はお客様の予約状況に左右されることがあるので、確かに忙しい日はランチを取る時間もないほどです。もちろん営業中は座って休むこともできません。また、アシスタント時代はお店の営業前や営業後に技術練習があり、朝早くから終電近くまで

未経験者歓迎の美容師求人一覧

美容師になりたい方の中には「資格を持っていても実際に業務をこなしたことはない」という方がほとんど。しかし、全国の美容師求人は増えており、中でも未経験を積極的に採用するものが多いです

土日休みOKの美容師求人一覧

通常、忙しい美容室では土日祝日が休日にあたることは少ないものの、希望休制度やバースデイ休暇など休暇制度が充実しているところが多いです。

研修制度ありの美容師求人一覧

【研修制度あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

歩合ありの美容師求人一覧

【歩合あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

美容師にとっておすすめの就職時期って?

美容師の就職活動や転職活動をするに当たって気になることの一つが“時期”です。いつ就職するのがサロンにとって嬉しいのか、いつ活動を始めるのが有利なのか、どうせなら有利に仕事を決めたいですよね。

美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

面接で必ず必要になるのが履歴書です。あまり履歴書を書いたことがない方、転職は初めてなんだけど職歴書って何を書いたらいいの?とお困りの方など必見です。ここでは美容師の履歴書の書き方について見ていきましょう。

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の面接対策って?準備する方法を教えます。

美容師になるために、避けて通れないのが面接です。面接ではさまざまな質問を受けることになります。その質問の中には、「どう答えて良いのか分からない」というような難しい質問も含まれるので、前もって準備しておくことが大切です。

美容師の面接で大事な「志望動機」新卒・経験者など立場ごとに例文も紹介!

美容師の面接では「技術」はもちろんですが、「やる気」や「コミュニケーション力」を重視しているサロンが多いです。特に新卒・未経験から入社する場合には、たとえ技術が伴わなくとも積極的に学ぶ意欲があることをアピールできれば採用に繋がりやすくなるでしょう。「絶対にこのサロンで働きたい!」という思いを志望動機で伝えていくことが重要になります。志望動機は、その美容師の人間性を表します。

美容師面接での逆質問!なにをすれば評価が上がるの?

書類選考が通ったあとには、やっと面接本番です。緊張が続く質問の時間が終わって、最後に逆質問タイム。「それでは逆に何か質問はありますか?」という面接官の一言に、一体何を聞けばいいのだろう・・・と悩んでしまったことがある人も多いはず。

美容師の面接で聞かれる質問50!よく聞かれる質問は

何を聞かれるのか、何を話せばいいのか不安な面接。「質問に答えられなかったらどうしよう」「パニックになって頭が真っ白になりそう」など、何を聞かれるのか分からず、何の準備もしないまま面接に臨んだらしどろもどろな受け答えになってしまうかもしれません